toggle
お知らせ/レポート
2018-02-15

土練機(ドレン機)の話 (白磁、土練り、水分バランス、)

窯焼きの1日は、

土練りから始まります。

 

いい商品は、その形状成形方法によって、水分の量がデリケートに

左右します。

通常の煎茶碗が普通の水分量としたら、

成形後削り作業を加えるものは、やや水分多めに練っていきます。

 

また、季節によっても、水分は大切なものとなります。

今の季節のように、凍りやすい時期あまり多い水分は、トラブルの元となります。

 

その塩梅は、

職人の勘と経験が大切。

白い器つくりの原点ですね。

 

今日も頑張ります。

晋山窯をどうぞよろしくお願いいたします。

 

白磁,白い器,急須,土瓶,煎茶碗,湯呑み,OEM,オリジナル,銅板絵付,機械絵付,手描き,ロットによりおすすめをご提案,お茶,お茶を楽しむ,ゆったりとした時間,土瓶,ロット30〜,いこみ製法,機械成形,大ロット,美濃焼,岐阜県,土岐市,茶器,クデアクセサリー,yamatsu,yamatsupottery,晋山窯,tea, teapot,teacup

  • Traditional
  • 白い器
  • 白磁
  • 茶器
関連記事